2011年11月25日金曜日

ペルーのフルーツ(1) カプリ

⇒大好評のマチュピチュツアーの予約はこちら!⇒ペルー旅行グッズはこちら



ペルー、クスコに住んで一番辛いのは、やはり料理です。

おいしいペルー料理もたくさんあるのですが、質の高いレストランは値段も高く、観光客向けに営業しているような場所ばかりです。

でも、うれしいことに、ペルーだからこそ無条件においしい物があります。
それが果物です。


クスコ自体は南国系の果物の栽培に適した気候ではないようですが、熱帯地域から毎日さまざまなフルーツが運ばれてきます。

そして、どれも安くおいしいんです!


というわけで、シリーズとしてペルーで購入できる果物を紹介していきたいと思います。

これがカプリ かぷりっと食べてください

最初に紹介するのはこれから収穫時期を迎えるカプリ(Capuli)です。


カプリは別名ブラック・チェリーとしても知られています。
(アメリカン・チェリーとは異なる)

味は少しさくらんぼに似ていますが、渋みがもっと強いですね。
色の黒いものほど甘いです。

あちこちでカプリの木を見かける
一般にその渋みゆえに生食には向かず、ジャムやチェリーパイにするとよいと言われていますが、クスコでは生でそのまま食べる人も多いようです。


カプリはクスコ県のような標高の高い場所でも栽培されます。

最近、あちこちでまだ未熟のカプリの実を見かけます。

これからの収穫の時期が楽しみです!







↓ブログを応援してくださる方はクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
ありがとうございます!!


1 件のコメント: